2015年02月25日

「相性の良い恋人」顔で見抜く法則

「最近では、米ウェイン州立大学の心理学者アーネスト・エイベル氏が、120枚の夫婦の写真を使って実験を行っています。エイベル氏が用意した夫婦の写真は実は、120枚のうち半分が本当の夫婦、もう半分は夫婦を演じさせたダミーの男女でした。この写真を用い、両者の風貌がどのくらい似ていると思われるかアンケート調査を実施したところ、本物の夫婦の写真は約47%が“似ている”と答えたのに対し、ダミーの写真のそれは約41.5%にとどまったそうです」

「人は自分と似た姿の他人に、潜在的に安心感を覚えるもの。よく、夫婦の顔は似てくるといいますが、人の顔の形が大きく変わることはありません。これは後天的に顔が似通ってくるわけではなく、もともと顔の造作に共通点があるからこそ、惹かれ合って夫婦になったと考える方が自然なんですよ」

パートナーを探すうえで、これは大きなヒントになりそうですね。

私の場合は,、夫は白人,,,全然似ていないんですけど。
これは例外でしょうか??
posted by ぶうふう at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。